もう'Easy, Breezy, Beautiful'はいらない。 CoverGirl、新しいスローガンを発表

“What’s the world for you if you can’t make it up the way you want it?”

1分39秒のビデオには、「Insecure」の脚本家で女優の Issa Rae、料理本の著者で NBA の妻 Ayesha Curry、バイクレーサー Shelina Moreda、フィットネストレーナーの Massy Arias、Katy Perry、管理栄養士の Maye Musk、スペース X CEO Elon Musk の母親が出演しています。

「私たちが仕事をするために選んだタレントを通してやりたかったことは、彼らが誰であるか、彼らのストーリー、そして彼らの生活の中で美が果たす文脈を尊重することです」と、カバーガールの広告代理店Droga5のディレクター、Katy Alonzo氏はFast Companyに語っています。

このアイデアは、メイクアップ–そしてアイデンティティ–は、人々が自分の外見によって形作られ、囲い込まれるのとは対照的に、個人がそれを形作るものだということです。「リニューアルを主導するにあたり、私たちは、人々がもはや美の唯一の基準を求めて努力するのではなく、自己表現と個人の変化のための道具としてメイクアップを使っているという洞察から始めました」カバーガールの上級副社長のUkonwa Ojo氏は声明の中で述べています。 「CoverGirl は常に包括的であり、美しくあることの意味の境界を押し広げることで知られています。これは、私たちが人々とつながり、コミュニケーションする方法を向上させる責任があることを意味します。 これは、新しいキャンペーンやキャッチフレーズよりも大きな意味を持ちます。 私たちは、人々がいつ、どこで、どのように、そしてなぜメイクアップをするのかという文化的な前提を変える、挑発的な対話を巻き起こしたいと考えています」

>> 関連情報 CoverGirlの新しいビューティーアンバサダーはヒジャブを着用

>> 関連記事 カバーガールが初の男性ブランド・アンバサダーを採用

カバーガールは、パッケージ、製品デザイン、ロゴ、プラットフォーム間でのコミュニケーションのトーンと感触も刷新すると、ビルボードが報じています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。