アイスダムとつららの予防

アイスダムとつららは、新しい雨どいや新しい屋根、屋根上のアイスガード、ヒートケーブル(古い家の多くで屋根の下端に見られる波状のワイヤー)などで解決できるわけではありません。 それらの方法は、アイスダムやつららの蓄積を改善することはできますが、症状に対処するだけなので、解消することはできません。

アイスダムの原因は非常に単純で、屋根裏の熱が高すぎることです。 屋根裏の温度が氷点下以上で、屋根に雪が積もっていると、雪は溶けてしまいます。 雪が溶けると、その水は雨樋に流れ込みます。 雨樋は暖房が効く家の上ではないので、水は再凍結して氷になります。

雨樋の中で氷がどんどん厚くなると、屋根から流れてくる水を止め、アイスダムになります。 屋根から流れてきた水は、やがて再び実際の家の上にまで溜まり、家とその屋根裏によって暖められるので再凍結しません。 水がアイスダムの奥に入り込むと、屋根板の下に押し上げられ、家の中に入ってきます。 これは、家の中の水がどこから来るかです。

解決策には2つの部分があります

1. 屋根裏の断熱と
気密 これは氷のダムを止めるための主な鍵です。 そう、これは私が生活のために売っているものですが、単純な物理学なのです。 屋根裏が暖かすぎるなら、冷やす必要があります。 熱は主に家の天井から来るので、屋根裏には断熱材と気密材が必要です。 空気漏れは、屋根裏に多くの熱をすばやく伝えるので、それを止めることも重要です。 断熱屋さんに聞くと、いろいろな答えが返ってきますが、私の経験則では、これが問題の80~90%を占めていると思います。 必ず断熱と気密を先に行い、それから他のことを試してみてください。 2. 屋根裏の換気を増やす これは断熱材の二次的なものですが、これも重要です。 屋根裏にいくら断熱材を入れても、そこから入ってくる熱はあります。 断熱材は熱の移動を遅らせるだけです。 屋根裏の換気は、その熱をどこかに逃がすことが目的です。 これにはいくつかの方法がありますが、詳しくは換気のページをご覧ください。 1980年以前に建てられたほとんどの住宅は、お粗末な換気を持っています。

Good news and Bad news

Bad news first. 氷柱を完全になくすことはできません。 屋根裏にどこからでも入り込む熱があれば、少なくとも小さな氷の蓄積は起こります。 どんな家にも必ずその原因がいくつかあります。 これは、ほとんどの氷が手入れできないとか、やる価値がないという意味ではなく、これらはほとんど注意点です。

1. 配管の煙突 これは、バスルーム(s)と多分キッチンの近くに屋根から突き出ているパイプです。 常に家の中の暖かい空気が通っています。 ガス缶に付いている小さな吹き出し口と同じように、空気を入れてガスを早く流すためのものですが、配管システムだけの役割です。 この中を通る空気を止めることはできないので、その下には小さな氷柱ができます。 2. 浴室全般 シャワーを浴びるとき、浴室内の温度を80〜100度に急上昇させることがあると思います。 その熱は屋根裏に到達する可能性があり、また到達することになります。 また、浴室にはたくさんの照明器具があり、それは天井に穴が開いていることを意味します。 これを塞いでも、まだ弱点は残っています。 浴室換気扇も屋根裏に熱を放出するため、ほとんどの換気扇は屋根裏に排出されます。 私たちは、浴室換気扇を壁から排出することを好んでいます。 浴槽やシャワー、シンクの上の天井が低くなっていることも、問題を引き起こす可能性があります。 基本的に、バスルームは厳しいのです。 3. 煙突 暖炉を使わなくても、煙突は暖房や給湯に使われている可能性が高いです。 これは、熱が通っていることを意味します。 煙突が完全に家の外に出ている場合は、通常、大きな問題にはなりません。 しかし、煙突の一部が屋根裏を通っている場合、屋根裏に熱がこもり、氷のダムを引き起こすのを防ぐことはできません。
4. 乾燥機の吹き出し口 乾燥機の吹き出し口が屋根の軒下に出ている場合、通常、熱はまっすぐ上に向かい、そのすぐ上に氷ができます。
バンガロー、ケープコッド、その他の半屋外住宅の悪い知らせ

家のどこかに傾斜した天井がある場合、簡単に解決できない氷のダムの問題領域が存在することになります。 勾配天井は、屋根の根太に直接乾式壁をネジ止めしたもので、その上に屋根裏部屋は存在しません。 通常、屋根の根太は2×6ボードで、厚さは5.5インチです。 これで最大R-23、換気できればR-18を保持できる(R値についてはこちら)。 経験上、アイスダムを大幅に減らすには、少なくとも R-30、できればそれ以上が必要です。

それだけの R 値を入れるには、単にスペースが足りないのです。 ですから、断熱しても、勾配天井の部分は、屋根の上の雪を最初に溶かしてしまうことになるのです。 繰り返しますが、これは屋根裏に居住空間を確保するための代償なのですから、気を落とさないでください。 屋根裏スペースの残りをうまく修理すればいいのです。

これを解決する方法は手間と費用がかかるだけです。屋根か天井のどちらかに発泡ボード断熱材を敷いて、その上に屋根か乾式壁を設置しなければならないのです。 私の目には、その費用をかける価値はありません。

The good news

Enough bad news. 良いニュースは、古い家でもきれいに修理して、氷のダムやつららがほとんどないようにすることができることです。 私の自宅は1835年に建てられました。 屋根裏に断熱材と気密材を入れ、私の家はマンチュアでは最後に屋根に雪が積もった家です。 煙突と暖炉の周りに少し問題がありますが、それくらいです。 私の古い納屋で可能なら、あなたの家でも可能なはずです。 私たちは一般的に、低い方の氷柱の50%、ほとんどの家屋の氷柱の90~95%を取ることができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。