アクティベラ

副作用

以下の重大な副作用は、添付文書の他の箇所で説明されています。

  • 心血管系障害
  • 悪性新生物

臨床試験の経験

臨床試験は大きく異なる条件下で行われるため、ある薬剤の臨床試験で観察された有害反応の割合は他の薬剤の臨床試験での割合と直接比較できず、実際の観察割合を反映していない可能性があります。

アクティベラ1mg/0.0mgで報告された副作用は、以下のとおりです。2046>

TABLE 1 ACTIVELLA 1 MG/0.5 MGで5%以上の頻度で報告された関連性によらないすべての治療上緊急の有害事象

ACTIVELLA 0.5 mg/0.5 mgで報告された有害事象を表1に示した。2046>

市販後調査

アクティベラの承認後の使用において、以下の副作用が確認されました。 これらの副作用は、規模が不明確な集団から自発的に報告されたものであるため、その頻度を確実に推定することや薬剤曝露との因果関係を立証することは必ずしも可能ではありません。

泌尿器系

膣出血パターンの変化及び異常な消退出血又は流出、破瓜出血、斑点出血、月経困難症、子宮平滑筋腫の大きさの増加。 膣カンジダ症を含む膣炎;子宮頸管分泌物の量の変化;子宮頸管外反の変化;月経前様症候群;膀胱炎様症候群;卵巣癌;子宮内膜過形成;子宮内膜癌。

乳房

圧痛、腫脹、疼痛、乳頭分泌、乳汁漏出、線維嚢胞性乳房変化、乳癌

循環器

深・表在静脈血栓症、肺塞栓症、血栓性静脈炎、心筋梗塞、脳卒中、血圧上昇

循環器<3309>

循環器<3309>

深・表在静脈血栓症、肺塞栓、血栓性静脈炎、心筋梗塞、血圧上昇。

消化器

吐き気、嘔吐、食欲の変化、胆汁性黄疸、腹痛・痙攣、鼓腸、膨満感、胆嚢疾患・膵炎の発症率増加。

皮膚

薬剤を中止しても持続することがある肝斑又は肝斑、多形紅斑、結節性紅斑、出血性発疹、頭髪喪失、脂漏、多毛、かゆみ、皮疹、そう痒症

網膜血管血栓症、コンタクトレンズ不耐性

眼球

中枢神経系

頭痛;片頭痛;めまい;精神抑制;舞踏病;不眠症;神経質;気分障害;いらいら;てんかんの増悪;痴呆。

その他

体重の増減; 浮腫; 脚のけいれん; 性欲の変化; 疲労; ぜんそくの悪化; トリグリセリドの増加; 過敏症; アナフィラクトイド/アナフィラキシー反応

Activella (Estradiol, Norethindrone Acetate) の FDA処方情報すべてを読む その他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。