グループホームを21世紀の姿に変える

昔は孤児院と呼ばれ、他に行くところのない子供たちのための場所でした。 今日、それらは「グループホーム」と呼ばれ、その利用は年々減少していますが、米国の児童福祉制度ではまだ非常に重要な位置を占めています。 そして、新しい連邦法(里親制度の約40年ぶりの大改革)は、グループホームの使用にさらに大きな制限を設けることになります。

2月に署名された家族第一予防サービス法では、グループホームに対する連邦政府の資金提供に初めて上限が設けられました。 これまでは制限がなかったと、児童福祉の専門家は言っています。 現在では、連邦政府は子供がグループホームに2週間以上滞在するための費用を支払うことはありません。 ただし、妊娠中や子育て中の10代の子供や、24時間体制でケアする住宅型治療プログラムに参加している子供には例外が設けられる予定である。

カリフォルニア州とニューヨーク州は、グループホームの制限が狭すぎるとして、この法案に反対した。 ニューヨーク州当局者は、連邦政府のグループホームへの資金提供の制限により、郡があまりにも多くの費用を負担することになると懸念しています。

グループホームの規定は、グループホームにいる10代の里子の40%が、家族ではなくそこにいることに、診断された精神障害などの臨床的理由がないことを示した2015年の米保健福祉省の報告書に従っています。 児童福祉の専門家は、グループホームが最後の手段ではなく、最初の手段として使われていることを示す証拠であると見ています。

「厳密に哲学的な観点から言えば、子供のためのよく管理された集合的なケアは、少なくとも平凡な家庭と同じくらい、あるいはそれ以上であるという信念を持っている州が確かにあります」と、カリフォルニア州の児童福祉機関を支援する、児童家庭サービス連盟の専務理事のCarroll Schroeder氏は言いました。

しかし、カリフォルニアでは、ほとんどの児童福祉関係者は、入所施設は、ケアと治療のニーズが安全かつ効果的に家庭で満たされない青少年のためにのみ確保されるべきと考えていると、Schroederは言いました。 「

Wide Variation

全州の約4分の1はグループホームに大きく依存している。 彼らにとって、新法は、資金調達の上限や、24時間365日看護や臨床スタッフが常駐するなどのグループホーム提供者のケアの新基準など、劇的な変化を意味することになる。 児童福祉の専門家によれば、新しい規則に該当しないプログラムを持つ州は、閉鎖されるか、連邦政府の支援がないままツケを払わなければならなくなるという。

これらの州にはそれぞれ特有の事情があり、それがグループホームの利用が全米で大きく異なる原因になっていると、児童福祉の専門家は述べています。 シカゴ大学の児童福祉研究部門であるチャピンホールによる2016年の報告書によると、州内でも、グループホームの数は郡によって異なるとのことです。

ボルチモアを拠点とする児童福祉研究・擁護団体、アニー・E・ケイシー財団の2015年の報告書によると、グループホームで暮らす里子の割合が最も多いのはコロラド、ロードアイランド、ウエストバージニア、ワイオミングの4州である。 しかし、全米では、グループホームで暮らす子どもの数は2009年から約20%減少していることが、チャピン・ホールの報告書からわかった。

いくつかの州では、グループホームの利用は何世紀も前に遡ります。当時は、婚外子出産はスキャンダラスであり、貧しい親は不適格と見なされたため、信仰に基づく孤児院が子どもたちを引き取っていました。 コロラドやノースカロライナなど他の州では、グループホームは定着したビジネスモデルの一部である。

さらに他の州では、インフラの不足が原因となっています。 州によっては、適切な里親をすばやく見つけるためのコンピュータ・システムが整っていないため、子どもたちは最後の手段としてグループホームに入ることになります。 カンザス州のように、単に里親の数が足りないだけの州もあります。

記録されたグループホーム利用のばらつきの理由の1つは、これらの施設の定義の仕方だと、チャピンホールの政策研究員で2016年の報告書の共著者であるダナ・ワイナーは述べている。

施設に住む子どもたちの正式な用語は「集会型ケア」で、この用語にはいくつかの異なる住居状況が含まれています。 グループホームは通常、7~12人の子どもと大人の監督者を収容する。

居住型治療施設は、グループホームと病院を掛け合わせたような施設である。 行動障害や精神障害のある子供たちに臨床治療を提供する。

一方、いくつかの州は、大規模なキャンパスに位置している場合があり、信仰に基づく集会ケア施設を多数持っている、と彼女は言った。 また、集会型ケアには、里親のもとに預けられる前に子どもたちが滞在する緊急シェルターも含まれる。 州によっては、たとえ一時的なシェルターであっても、集団生活をしている子どもたちをひとまとめにしてしまうので、数字が上ぶれしてしまうとWeinerは述べています。

歴史的に集合型ケアに大きく依存してきたコロラド州では、里親の子どもの35%がそのような施設で暮らしており、ケイシー財団の報告書によると、これは米国で最大の割合です。

隣接するカンザス州の割合は5%と、最も低いものの1つです。 しかし、同州の里親制度は手一杯で、子どもたちはしばしば、家族に引き渡されるまで児童福祉事務所に寝泊まりすることになります。

州にグループホームやシェルターがたくさんある場合、既定の仕組みとしてそれらに頼る可能性が高くなると、ケイシー財団の児童福祉戦略グループのディレクター兼マネージャーであるトレーシー・フィールド(Tracey Feild)氏は言います。 そして、もし子どもがグループホームが一番見つけやすいという理由で一時的にグループホームに入れられ、その後ケースワーカーが忙しくなると、その子どもはずっと長くグループホームで暮らすことになる、と彼女は言います。

「作れば来る」とFeildは言いました。 「そのベッドが空いていれば、使われるでしょう」

ケイシー財団の報告書によると、男の子は女の子よりもグループホームに入れられる確率が 29% 高いです。 また、黒人とラテン系の若者は、白人の子供たちよりもずっとグループホームに入れられる可能性が高いのです。 アフリカ系アメリカ人の子供たちは、白人の子供たちよりも18%高い確率でグループ施設に入れられます。

こうした格差は、多くのネイティブアメリカンの子供たちが家から追い出されて孤児院やインディアン学校に入れられた植民地時代に遡る、米国の歴史の深いルーツだと、1851年に孤児院として創立したニューヨークの児童福祉団体チルドレンズ・ビレッジのジェレミー・コホンバン社長兼CEOは述べています。 貧しい少数民族の子どもたちは、親や地域社会から引き離すことで解決すべき問題とみなされることが多かったと、彼は言う。

「子供をベッドに寝かせるという歴史的なビジネスモデルがあります」とKohombanは言いました。 「そして、私たちが持つ暗黙のバイアスがあります。 このような子供たちは、ネイティブの子供たちを含め、主に黒と茶色です。 この2つが重なると、子供たちを入所施設に押し込める力が働くのです」

14年前、「子供の村」が提供する子供たちの95パーセントは入所施設で暮らしていたと、Kohombanは述べています。 現在では、40パーセントがグループケアで、その他の子供たちは自分の家族か里親のもとで暮らし、家庭内カウンセリングや手頃な価格の住宅支援など、さまざまなサービスが提供されていると、彼は述べています。 (このセンターは、州、地元、連邦、慈善団体の資金を組み合わせて運営されています)

「代替手段を用意しなければ、今あるものから抜け出せなくなってしまいます」とコホンバン氏は言います。

Business Opportunities

約100年間、コロラド州は、親が面倒を見ることができない子供の世話をするためにグループホームに頼っており、里親や近親者よりも多くの子供をグループ環境に入れています。 デンバーポスト紙によると、かつて州は年間1000人もの里子を施設に収容していたという。

ケイシー財団の報告書によると、この州は今でもグループホームに入れられる子どもの割合が全米で最も高いのだそうです。 しかし、過去10年間で、州はより多くの子供たちを家族のもとに置くよう推進してきたと、コロラド州人間サービス局のレジー・ビチャ事務局長は述べています。

そしてそれは、長年ビジネスを続けてきたグループホーム運営者とぶつかることを意味し、彼らは資金を彼らに流し続けるよう州議員に圧力をかけていると、彼は言いました。

グループホームの運営は、コロラドスプリングスのグリフィスセンターフォーチルドレンのCEOであるクリスティーナ・マーフィーによれば、高価な提案であるとのこと。 彼女は、州と連邦政府の資金がドアを開け続けるために十分でないことを言いました。

ビチャは、グループホームを閉鎖する代わりに、施設設定から、問題を抱えた家族が一緒にいられるように、そのスタッフを使ってカウンセリングを提供することに重点を移してほしいと述べています。

「居住型治療センターで行われている仕事は悪いものではありません」とBicha氏は述べました。 “ただ、家族を引き裂かなければならないのです。”

マーフィーは、グループホームの利用を減らそうという州の動きを支持すると述べた。 彼女の心配は、必要な里親の数が足りないことです。 彼女によると、毎日、離散した子供たちの里親を探すケースワーカーから100件以上の問い合わせがあるそうです。

「居場所を必要とする子どもたちは過剰なほどいます」とマーフィーは言いました。 「

Warehousing Kids?

グループケアがどのようなものか、そして子供たちがグループホームに収容されているという誤解がある、とカリフォルニアに拠点を置く児童福祉コンサルタントで、新法の一部に反対した元民主党議会スタッフ、ショーン・ヒューズは言いました。

グループホームにいる子供の数を減らすことは理にかなっており、どの州にも悪いグループホームはあると、ヒューズ氏は言います。

グループホームにいる里子の若者の大部分は、里親との配置がうまくいかなかったのでそこにいる、とヒューズは米国保健社会福祉省の2015年の報告書を引用して言った。 子供たちはより高いレベルのケアが必要かもしれません。 ほとんどがトラウマを経験し、精神衛生や行動の問題を抱えている可能性が高いのです。 また、少年司法制度に関与している者もいる。

彼は、特別なニーズを持つ子供のための特別な訓練を受けた親がいる里親家庭など、地域ベースの代替施設にもっと資金を投入してほしいと思っています。 ケースワーカーは、里親を助けて、子供たちが家族の中で必要な専門的な治療を受けられるようにします。

「これらの子供たちは本当に弱いのです」とヒューズは言いました。 「このようなプログラムを閉鎖して、これらの子供たちを地域社会に戻せば、すべてがうまくいくとは思えません。 彼らがどこへ行けるかを考えなければなりません。”

グループホームでの里子の割合が最大
Colorado 35%
Rhode アイランド 28%
ウエストバージニア 27%
ワイオミング 27%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。