ケトジェニック・ダイエット 糖尿病と減量に良いのか?

2型糖尿病の人については、「非常に低い炭水化物ダイエットは、細心の注意を払いながらも、耐えられるかもしれない」とGalati医師は言います。 ケトジェニック・ダイエットへの移行には、いくつかのライフスタイルの変更と、食事量とグルコース値の両方を注意深く観察し、薬を調整することが必要です。 また、水の消費量を増やす必要があります。”

ケトジェニック系ダイエットを実践したい人は、まず主治医に相談し、自分の目標を話し合うことが重要で、自分の病歴や健康歴を考えると、この方法が自分に適しているかどうか確かめることができるとレイノルズ博士は言っています。 この炭水化物中心の食事法を採用する場合、継続的なモニタリングが必要です。 血圧、脂質、血糖値、気分、服用している薬が正常範囲内であることを確認するために、定期的に医師の診察を受けることが重要です。 また、体重を減らしても、血圧、脂質、血糖値、気分、薬などが正常範囲内であることを確認することが大切です。 糖尿病の管理に関する書籍(本研究で調査したオンラインソーシャルメディアグループのメンバーが使用したもの)の印税を受け取っているバーンスタイン博士を除いて、利害関係の報告はなかった。 Hallberg博士は、ストックオプションを保有し、Virta Health社から研究支援を受け、Atkins社からコンサルティング料を受け取っている。 Rhodes博士は、Merck社とAstraZeneca社がスポンサーとなっている小児2型糖尿病に関する臨床試験の治験責任医師です。 ウェストマン博士は、低炭水化物ダイエットの原理を利用した企業の所有権を持ち、低炭水化物ダイエット関連の書籍の印税を受けています。 Ludwig博士は栄養と肥満に関する書籍から印税を受け取っており、Galati博士はEating Yourself Sick: How to stop obesity, fatty liver, and diabetes from killing you and your family(2018)の著者です。

Sources

  1. Saslow LR, Mason AE, Kim S, et al. An online intervention comparing a very low carbohydrate ketogenic diet and lifestyle recommendations vs a plate method diet in overweight Individuals with type 2 diabetes: 無作為化比較試験”. J Med Internet Res. 2017:19(2):e36.
  2. Lennerz BS, Barton A, Bernstein RK, et al. Very low-carbohydrate dietによる1型糖尿病のマネージメント. Pediatrics. 2018;141(6):e20173349
  3. Bernstein RK. バーンスタイン博士の糖尿病解決法。 正常な血糖値を達成するための完全ガイド。 第4版. ボストン、マサチューセッツ州; リトル、ブラウン&カンパニー. 2011.
  4. Saslow LR, Kim S, Daubenmie JJ, et al. A randomized pilot trial of a moderate carbohydrate diet compared to the very low carbohydrate diet in overweight or obese individuals with type 2 diabetes mellitus or prediabetes. PLoS One. 2014;9(4):e91027
  5. Reynolds, AN. “2型糖尿病の過体重者における超低炭水化物ケトジェニックダイエットと生活習慣の推奨をプレート法ダイエットと比較したオンライン介入 “へのコメント。 A Randomized Controlled Trial “のコメント。 ジャーナル・オブ・メディカル・インターネット・リサーチ. 2018; 20(5):e180, 2018年5月. で入手可能。 http://www.jmir.org/2018/5/e180/ Accessed May 4, 2018.
  6. Snorgaard O. et al. 2型糖尿病患者における食事糖質制限の系統的レビューとメタ分析.Systematic review and meta-analysis of dietary carbohydrate restriction in patients with Type 2 diabetes. BMJ Open Diab Res Care. 2017;5(1):e000354.

Continue Reading

Big Breakfast Beats Traditional 6-Meal Diabetes Diet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。