ヒゲクジラとは

すべてのヒゲクジラには歯の代わりにヒゲがあり、それを使って海からエビのようなオキアミやプランクトン、小魚などを採集しています。 この剛毛のヒゲ板は、口の中の海水からクジラの好物の獲物をろ過したり、ふるい分けたり、閉じ込めたりします。 ヒゲは、私たちの爪や髪の毛と同じケラチンというタンパク質でできている。 ヒゲクジラは4つの科に分類され、体長33mのシロナガスクジラから、体長6.5mのセミクジラまで、さまざまな大きさのものがいる。 ヒゲクジラは頭頂部に2つの噴気孔(鼻孔)を持つため、噴気孔が1つの歯クジラに比べ、吹き出し口がふさふさしているのが特徴。

ザトウクジラ、ミンククジラ、ナガスクジラ、シロナガスクジラなどのヒゲクジラには、はっきりと見える喉の溝があり、口と喉が膨らんで巨大なサイズの海水と餌を飲み込むことができるようになっています。 ヒゲクジラのヒゲ板の数、大きさ、色などは種類によって異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。