ライム病が死因になることは稀:研究

By Amy Norton, Reuters Health

6 Min Read

NEW YORK (Reuters Health) – ライム病の長期影響を巡る論争はまだありますが、新しい政府の研究結果は、このダニ媒介性疾患が米国内の死因になることは稀だと結論付けています。このような状況下において、「ライム病」という病気は、米国では死因となることはほとんどないとの結論に達しました。 しかし、ほとんどの場合、ライム病は死因となった複数の健康問題のうちの1つとして記載されており、ライム病が根本的な原因であることを示す記録は23件のみであった。 その場合、その人は呼吸不全で死亡し、死亡記録は中枢神経系への長期的な影響と結びつけています。

この発見は、ライム病が「米国における死因としてはまれである」ことを示していると、CDCの研究者は述べています。「

しかし、その結論は、ライム病の長期的な影響(一部の医師や患者団体は、深刻で時には致命的な健康問題を含むと述べています)をめぐる幅広い論争を解決することはないでしょう。 そのため、このような事態が発生した場合、その対応に追われることになります。

中には、感染後、抗生物質による治療を行っても長続きしない人もいます。

CDCによると、治療を受けていない人の最大5パーセントが、数ヶ月から数年後に、痛みまたはしびれ、あるいは記憶や集中力の問題などの慢性神経性愁訴を抱えているとのことです。 また、抗生物質で治療した人のうち「ごく一部」は、関節炎の痛みや記憶障害、疲労など、数ヶ月から数年続く症状を報告しています。

そして、現在または過去にライム病の原因となる細菌に感染した証拠がないのに、慢性痛や激しい疲労などの非特異的症状に基づいて「慢性」ライム病と診断されている人たちがいるのです。

このような人々は、うつ病や線維筋痛症など、他の多くの健康問題を抱えている可能性があり、その症状は一般的なものであるため、この診断は非常に議論のあるところです。 しかし、現実には、(ライム病が)死につながったという報告はほとんどありません」と、グリフィス博士はインタビューの中で述べています。 この研究に基づいて、彼は、原因としてライム病が記載されている死亡記録でさえ、しばしば精査に耐えられないと指摘しました。

しかし、非営利の国際ライムおよび関連疾患学会の会長であるRobert Bransfield博士は、CDC研究方法に問題を提起しました–医師が死亡記録に記載する内容に依存することもその一つです。

「ライム病による死亡が、他の病気による死亡と識別されたかもしれないことを識別する試みはなかった」と、Bransfield氏は言いました。その論争的なグループは、慢性ライム病が問題を大きくしており、感染者の多くは、予防するために抗生物質の長いコースを必要としていると主張しているのです。

「ここから一般化して、ライム病による死亡はまれだと言うことはできない」と彼は言いました。

厳密にどれだけの死亡がライム病に起因しているかは、Bransfieldによると不明です。

精神科医であるBransfield氏は、ライム病が致命的であることを証明する主な方法は自殺かもしれないと述べています。 しかし、彼は、この信念は逸話的証拠に基づいており、ライム病と自殺のリスクに関する確たる統計がないことを認めています。

Bransfield はまた、一部の研究者が、感染が最終的に認知症、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症

(ALS)のケースに寄与すると推測していることを指摘しました。

CDCの報告は、「否定的」であることを意図していないことを強調しました。

「臨床医は、ライム病が原因で死亡したと思われる患者について報告するよう奨励します」と彼は言い、

その情報を医学界に伝え、証拠が評価できるようにすることが重要であると付け加えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。