乳糖分子

乳糖分子

乳糖とは

乳糖は牛乳中の固形分の2~8%を占める糖です。 名前の由来は、牛乳を意味するラテン語と、糖の名前に使われる語尾の「-ose」にあります。 乳糖は、ガラクトースとグルコースの2つのサブユニットが結合した二糖類である。 経験式はC12H22O11で、分子量は342.3である。 哺乳類の幼少期には、ラクターゼという酵素が腸絨毛から分泌され、この酵素がこの分子を2つのサブユニットに分解して吸収する。

乳糖と食事

通常、幼少期には成長とともに徐々にラクターゼの分泌が停止し、乳糖を代謝することができなくなる。 これはおそらく、離乳を促すための進化的な仕組みなのでしょう。 この成熟に伴うラクターゼの消失も、ほとんどのヒトのデフォルトパターンである。 しかし、一部の人類(主にヨーロッパ、中東、インドのおおよその地域に祖先を持つ人々)には、成人になっても酵素が残っており、乳製品は成人の食事のかなりの部分を占めているのである。 これらの地域では、数千年にわたる羊、牛、山羊、水牛の乳搾りなどの畜産業が、乳を含む成人食への進化的適応を引き起こしたようだ。 (少なくとも一部の人間が成人食の乳糖に適応したという事実は、いわゆる「石器時代の食事」の支持者たちの議論に疑問を投げかけているようだ。彼らは最後の氷河期から人間の代謝ニーズは変化していないと主張している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。