私たちの衣服は有毒か? It's More Complicated Than We Think

「有毒繊維」でググると、たくさんのサイトが出てきますが、中には1993年のものもあります。 一般的には、合成繊維(アクリル、ナイロン、ポリエステル)やレーヨン(木材パルプを化学的に処理したもの)を挙げ、恐ろしい化学物質から作られているので、すべて悪いものであると主張しているのです。 もちろん、綿、麻、ウール、リネンなどの天然繊維が良いのは言うまでもありません。 これらは植物や羊から作られており、石炭や石油の派生物ではありません。

真実はこれよりももっと複雑なのです。 あなたの服は、決して綿やポリエステルだけで作られているわけではありません。 どの生地にも何らかの加工が施されています。 それは先染めコットンかもしれないし、スーパーウォッシュ・メリノかもしれません。 漂白されているかもしれません。 ほとんどの場合、染色されています。 そして、最近の衣服には、あらゆる種類のハイテク素材が使われています。 UVカット、虫除け、シワになりにくい、汚れにくい、抗菌などなど。

これらの化学物質は、生産地と洗濯によって放出される化学物質の両方で、環境に無数の懸念をもたらしています。 しかし、着る人への安全性はどうでしょうか。

基本中の基本。

クローゼットの中を見てみると、さまざまな天然繊維や合成繊維を見つけることができるでしょう。 世界の繊維消費量の 60% 以上が石油ベースの合成繊維で占められていますが、一部は衣服以外のテキスタイル(ラグやロープなど)に使用されている場合があります。 一方、繊維消費の4分の1近くを占めるのが綿で、ウールが約1%、その他の天然繊維(麻、リネンなど)が5%となっています。 残りの6.6%は木質系セルロース繊維(レーヨンなど)です。

天然繊維は植物か動物から取れます。 衣料に使われる植物には、綿、麻、亜麻などがあります。 動物繊維は、ヤクのように珍しいものが残っているとしても、より多様です。 アルパカ、ヤギ(カシミヤ、モヘア)、ウサギ(アンゴラ)、ヤク、ラクダ、ラマ、そしてアルパカの近縁種で野生のビクーアも衣料用繊維を生産している。 シルクも天然繊維で、桑蚕の繭から作られる。

人類は何千年も前から天然繊維を使ってきたが、1894年に木材繊維を合成加工したレーヨンが発明され、1930年代には最初の完全合成繊維であるナイロンが発明された。 木質繊維に合成加工を施したものには、他にモダールや竹などがある。

衣類に関する毒物学の研究は、繊維そのものよりも、繊維の加工に使われる化学物質に重点を置いています。 シンプルな綿の T シャツでさえ、市場に出すために多くの化学物質を必要とします。 消費者にとっての問題は、使用されている化学物質の安全性だけでなく、クローゼットから化学物質を取り除くために、何を犠牲にし、いくら使ってもよいのか、ということです。

染める価値のある化学物質

あなたの服には、綿やレーヨン、ポリエステルだけが使われているわけではありません。 漂白や染色もされているのです。 染めるには、染料を衣類に付着させるための「媒染剤」という化学物質も必要です。 天然染料は、ミョウバンや酒石酸クリームなどの媒染剤と一緒に使用することができますが、衣類にそう書かれていない限り、天然染料が使用されていないことはほぼ確実です。

最も懸念すべきは、3種類の染色化学物質(または化学物質のグループ)です。 アゾ染料は、身につけると芳香族アミンと呼ばれる化学物質を放出し、体内に吸収される可能性があります。 アゾ染料は何百種類もあり、その多くが芳香族アミンを放出する可能性があります。 この芳香族アミンには、毒性があることが知られているもの(科学者の言い方では「毒性学的懸念」)と、毒性が評価されたことがないものがあります。 主な懸念は、これらの化学物質が癌を引き起こす可能性があること、またアレルゲンとなる可能性があることです。 2014 年の調査では、衣料品のサンプルの 17%に「毒性学的に懸念の高い」芳香族アミンが含まれており、そのうちのいくつかは、欧州連合で法的に認められているよりも高いレベルで含まれていました。

次に、キノリンは繊維製品の染色に使用され、懸念を引き起こす化学物質です。 2014年の別の研究によると、その発がん性に関するヒトでの研究はないにもかかわらず、マウスの急性暴露を含むテストでは、”キノリンとそのメチル化異性体の一部が肝臓がんを誘発する “ことが実証されています。 その研究では、キノリンは他の繊維で作られた衣類よりもポリエステルの衣類に多く含まれていることがわかりました。 ある研究では、キノリンをヒトに対する発がん性物質と位置づけ、キノリンとポリエステルの相関関係を繰り返し述べています。

最後に、重金属も同様に懸念される問題です。 それらは染料、媒染剤、難燃剤、抗菌剤、撥水剤、または合成繊維の製造において衣料品に使用されることがあります。 2015年の研究「衣服との直接接触による皮膚からの微量元素へのヒト曝露:リスク評価」では、ポリアミド製の濃色衣服に高濃度のクロム、ポリエステル製の衣服に高濃度のアンチモン、一部の緑色綿織物に高濃度の銅が含まれていることが判明しています。 全体として、すべての金属は安全でないと考えられるレベルよりかなり低いことがわかった。 しかし、この研究はサンプル数が非常に少なかったので、その発見は決定的なものではないかもしれません。

2番目の研究、これは下着のみに関するものですが、重金属を衣類の潜在的な危険性としてラベル付けしています。 この研究では、金属の存在が繊維と染料の色によって異なることを発見しました。 綿はアルミニウム、鉄、亜鉛が多く、ナイロンはクロム、銅、アルミニウムが、ポリエステルはニッケルと鉄が多かったのです。 最も金属が多かったのは、中国、エジプト、インドで製造された衣類でした。

衣類にデザインが施されている場合、別の潜在的な危険化学物質を含んでいる可能性があります。 スクリーン印刷に使用されるインクの一種であるプラスチゾルは、生殖系に害を与えるフタル酸エステル類を含む可能性があります。 2012年のGreenpeaceの調査では、プラスチゾルでプリントされた31の衣服のすべてからフタル酸類が検出され、そのうち4つからは非常に高濃度のフタル酸類が検出されました。 グリーンピースによると、フタル酸エステル類はプラスチゾルインクとあまり強く結合しておらず、時間とともに放出される可能性があります。

消費者にとって難しいのは、染料や媒染剤に使われている化学物質は、服を買うときには分からないということです。 ラベルを見れば、その服がどんな繊維でできているかはわかりますが、染めるために何が使われたかはわかりません。 ごく一部の天然染料で染められた服はネットで販売されていますし、自分で天然染料で染めることもできますが、どちらも難しいです。 前者は入手が困難でスタイルや色が限られ、後者は非常に手間がかかる。 よりよい選択肢は、そもそも衣料品に有毒な染料が使用されないように規制を改善するか、少なくともキノリンやアゾ染料が使用された場合はラベルに開示することかもしれません

Bells and Whistles(ベルと口笛)。 ハイテク衣料に含まれる余分な化学物質

しわがなく、汚れがつきにくく、虫除け効果があり、抗菌性があり、防水性/透湿性があり、紫外線をカットするシャツが欲しいですか? これらの属性はそれぞれ、衣類に多くの化学物質を含んでいることを意味します。 幸いなことに、これらの属性を持つ衣類を買わないという選択肢もあります。 また、メーカーはこれらの特性をラベルに表示する義務はありませんが、これらの特性は消費者にとって望ましいと考えられているため、一般的にラベルに表示しています。 企業は、消費者が、シワにならない、汚れに強いという理由で製品を購入することを期待しているのであって、避けることを選択しているわけではありません。

そもそも、シワにならない服は、ホルムアルデヒドで処理されている場合があります。 ホルムアルデヒドは発がん性物質ですが、人によってはアレルゲンとなる可能性もあります。

日焼け防止を約束している服には、余分な化学物質が入っていないかもしれません。 繊維の種類や生地の厚さ、生地の織り方など、すべてが日焼け防止になります。 しかし、ベンゾチアゾールやベンゾトリアゾールは、衣類に日焼け止め効果を持たせるために使われる、潜在的に毒性のある化学物質です。

虫除けの衣類には、殺虫剤のペルメトリンが染みこんでいます。 ある研究では、衣服に含まれるペルメトリンの2パーセントを体が吸収し、さらに1.2パーセントが皮膚の表面に残ることがわかりました。 これは大したことではありませんが、問題は、その量のペルメトリンが害を及ぼすかどうかということです。 虫に刺される危険を冒してDEETなどの忌避剤を使うか、ペルメトリン入りの衣服を着用するか、虫除けのない普通の衣服で覆うなど、虫を避けるために工夫できる他の選択肢を選ぶか、おそらくあなたはこの衣服を着ていると思われます。 (私は、化学物質の使用を避けるために、かゆみを選ぶことが多いですが、ライム病の多い地域でキノコを採集したときや、ケニアのマラリア地域を訪れたときは、頭の先からつま先までペルメトリン処理された服を全部着ました。)

抗菌服にも化学物質が入っていることがあります。 繊維の中には、特に麻やリネン、メリノウールなど、抗菌性のあるものがありますが、抗菌や抗資材として販売されている衣服には、ナノシルバーなど、別のものが使われていることが多いのです。 テフロンやゴーテックスもPFCです。 滑りやすく、焦げ付き防止や汚れ防止に使われます。 残念ながら、PFC は人体にはあまりよくありません。

難燃剤もまた、毒性の高い化学物質群です。 ここ数十年の間に、いくつかの人気のある化学物質が使用され、その後段階的に使用されなくなり、他のものに取って代わられました。 長年にわたり、PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)は一般的な難燃剤として使用されてきました。 しかし、残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約に基づき、10年以上前に国際的に段階的に廃止されました。 その後、塩素化トリスまたは TDCPP として知られる化学物質が難燃剤の 1 つとして使用されていましたが、発がん性があるとして段階的に廃止されました。

今日、難燃剤は塩素化または臭素化有機ハロゲンまたは有機リン酸塩のいずれかになる傾向があり、その多くは毒性があります。 衣料品に使用されている難燃剤の種類については、ほとんど明らかにされていません。 多くの場合、衣類が難燃剤で処理されていることを知る唯一の手がかりは、その衣類が難燃剤の規制に適合しているが、まだ燃えやすいというようなことを示すタグです。 これらの特性を持たない衣類を購入することもできます。

要するに、無害な服を探すのは複雑で、服が環境に与える影響も考慮しなければなりません。 天然繊維を選び、農薬が使われていないことを確認するためにオーガニックコットンを選ぶこともできますし、しわにならないなどの特別な特徴を約束する服を避けることもできます。 それでも、洋服を染めるのに何が使われたのか、有害なものなのかどうかはわかりません。 理論的には、私たちに害を及ぼす可能性のあるものを禁止することで、この懸念を軽減するために政府の規制があります。 しかし、残念ながら、私たちが生きている現実はそうではありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。