筋肉注射の打ち方

医療従事者は、自分自身や他の人に筋肉注射を打つように頼む前に、トレーニングや教育を行うべきである。

手を洗う

石鹸と温水で十分に手を洗う。 指の間と爪の下は念入りに。

用品を揃える

注射をする前に、以下のものを用意してください。

  • アルコール綿
  • 滅菌ガーゼ
  • 綿球
  • 包帯
  • 針を捨てるための刺しにくい容器
  • 新しい針と注射器

医師から針の種類を聞いておくとよいでしょう。

ほとんどの成人は1インチの針が必要ですが、正確なサイズは人の体重に依存します。

注射部位の準備

上記の説明に従って、注射部位を決めます。 2本の指で皮膚をやさしく広げ、筋肉をリラックスさせたままにしてください。

バイアルとシリンジの準備

マルチドーズバイアルを使用する場合は、最初に開封した日を記録してください。 ゴム栓はアルコールで拭いてください。

シリンジはキャップをはずしてください。 プランジャーを引いて、シリンジに空気を入れます。

注射針からキャップをはずし、バイアル瓶の上部に針を通します。 バイアルに空気をすべて注入します。

針が上を向くようにバイアルとシリンジを逆さまにします。 プランジャーを引いて、シリンジを正しい量の薬で満たします。

シリンジを軽く叩き、プランジャーを押して、気泡を除去してください。 清潔さを保つために針に触れないようにしましょう。

薬を注入する

Share on Pinterest
筋肉内注射は、注射器に血液が出てはいけません。

90度の角度で筋肉に針を挿入します。 人差し指と親指で注射器を安定させ、もう片方の手でプランジャーを少し引いて血液を探します。

血液があれば、針が筋肉ではなく血管に刺さっていることを意味します。

血液がない場合、針は正しい位置にあります。 注射器のプランジャーを押し下げ、薬を注入します。

針を外す

皮膚から針を素早く外し、耐穿刺性容器に廃棄します。

注射部位を押す

ガーゼを使って、注射部位を軽く圧迫してください。 注射部位に軽い出血があるのは正常ですが、必要であれば絆創膏を使用することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。