超薄型がまだあるところ。

友人のかおりと食事をしたとき、彼女はランチセットについてくる小さなデザートを見て、ため息をつきました。 「食べちゃダメなんだ。 痩せなきゃね”。 その理由がどうしてもわからない。

「私の年代の日本人女性の平均体重は55kgと書いてありましたが、私は(声が小さくなって)56.5kgです!」

「私の年代は、日本人の平均体重は55kgと書いてありましたが、私は(声が小さくなって)56.5kgです!」

「私の年代の日本人女性の平均体重は、55kgと書いてありましたが、私は(顔が小さくなって)56.5kgです!」

「私が知っている女性の中でもっとも美しい女性の1人です。 本当に55kgを切りたいです。”

香織さんは、イメージに敏感な20代でもなく、最新のダイエットブームを試しているわけでもない-40代で10代の子供2人を持つワーキングマザーです。

増加する低体重女性

厚労省が毎年行っている健康・栄養に関する全国調査のデータによると、20代、30代、40代の日本人女性の低体重が増加している。

BMI(ボディマス指数)を用いると、20代の日本人女性のうち痩せすぎ(BMI18.5未満)が、太りすぎ(BMI25以上)を大きく上回っています。

肥満が増加している欧米の多くの国と比較すると、これは羨ましいことに思えますし、国民性として日本人にはもともと細身の傾向があると言えるでしょう。

ロコモティブシンドロームとは、骨や関節、筋肉や神経が弱くなることで、運動能力に影響を及ぼす症状です。 体重が少ない人は、体重が多すぎる人と同じように危険です。

遅咲き?

カーブスジャパンは、女性を対象とした筋力トレーニングの国際的なフランチャイズの日本版です。

「(日本人)女性の健康寿命と総人生との差は12年です。 健康寿命を延ばすには、筋力を維持することが大切です」と、カーブスジャパン広報部の片桐智子さんは言います。 前述の政府の調査によると、20代と30代の日本女性のうち、定期的に運動をしている人はわずか10%。

「脂肪」の反撃

成人女性というより思春期の子供のようなプロポーションのカワイイアイドル文化をメディアが宣伝している以上、こうした傾向は驚くことではないだろう。

メディアといえば、数年前に日本初の「ぽっちゃり女子」向けファッション誌「ラ・ファーファ」の登場で、ポッチャリ女子、マシュマロ女子という言葉が話題になった。 しかし、これらのカーヴィーなモデルたちは、欧米諸国ではまだファッションのサイジングの小さい方に入るだろう。

A post shared by la farfa (@lafarfa.official) on Jan 16, 2017 at 4:22pm PST

The curvy models, would still fall at the small end of fashion sizing range in Western countries…欧米諸国ではまだファッションのサイジングの小さい方に入るだろう。

誰が見ても太っている女性については、一般的にメディアからお笑い芸人の役割に追いやられ、テレビのバラエティ番組でよくいじられる対象になっています。

男性はどうでしょうか。

日本の男性には、低体重を維持するという同じプレッシャーはあまり感じられません。 厚労省の発表によると、どの年齢層でも、太り気味の男性が痩せ気味の男性をはるかに上回っています。 それでも10年ほど前から、草食系男子の台頭もあってか、若い男性のファッションは痩せ気味になった。 草食系男子の台頭とともに、街行く若い男たちは、攻撃的で威厳のある男性像を避け、アンドロジナスなファッションと完璧な身だしなみを身につけた。

今は少し振り子が戻って、細マッチョ(筋肉質だけど引き締まった体型)が人気のルックスとして浮上しているようです。ysk) on Mar 15, 2017 at 8:31am PDT

西島秀俊は、多くの男性が目指すホソマッチョを体現していると言われています。

元日本代表のボディビルダーだった鶴田和さんは現在都内でジムを経営し、プロのアスリートから中年のポッチを落とそうとしている一般のジョーまで幅広いクライアントに利用されているそうです。 渡辺謙をはじめ、海外の映画で活躍する日本人俳優のおかげで、”筋肉質な日本人 “というイメージが定着したのでしょう。 それでも、若い人はスリムに見せたいと思うものです」

「実際、若い人の多くは運動をしていません。 仕事が忙しいとか、定期的に通えないのにジム代を払いたくないとか、太っていなければいいと思っているのかもしれません。 そして、中年になったとき、突然、自分の体を気遣っていなかったことに気づくのです」

かおりさんのご主人もその中に含まれるかもしれませんね。 「最近、取引先との会食や飲み会でメタボになるのを心配して、近所のジムに通っているんです」と、デザートの最後の一口を食べながら、かおりさんは報告します。 「頑張ってくださいとしか言いようがないですね」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。