魚の世話

Q: Anon wrote,

ちょっと関係ない質問ですが、ベタは何日ぐらい餌を食べなくても大丈夫ですか? ベタはどれくらいの期間、餌を与えないでいても大丈夫なんでしょうか? 私は学生なのですが、春休みに帰省する予定があります。 長い休みの時は魚を連れて帰るのですが、1週間も置いておくのは可能なのでしょうか? 私のベタは2匹とも2.5ガロンの加熱水槽に入れています。 連れて行くことはできるのですが、いつも旅行でストレスが溜まってしまい、餌をあげに来る人がいないんです。 ありがとうございます!

A. ベタにどれくらいの期間餌を与えないでおくかは、状況を判断するためのちょっとした練習になります。 ベタは栄養不足で死んでしまう前に、2週間ほどは餌なしで生き延びられるかもしれません。 もちろん、これは蓄えを使い果たし、飢餓状態になってから死ぬということです。 餓死はプロセスである。 数日であれば、魚に影響はないだろうが、やがてストレスの影響を受け始め、餌のない生活を続けると悪化していく。 魚の健康状態も関係してきます。

私が言えることは、この件に関する私の個人的な感情だけですが、他の人は違う意見を持っているかもしれないということを明確にしておく必要があります。 私個人としては、4日ルールを持っています。 もし私が4日以上留守にするのであれば、魚に餌をやる人をわざわざ探す必要はないのです。 魚の飼育に慣れていない人は、少し強引に餌を与える傾向がありますし、魚が大丈夫だと確信があるときは、わざわざ友人を探す必要はないと思っています。 もし、私が4日以上留守にする場合は、信頼できる友人を訓練することにしています。

この前のクリスマスに4泊5日の旅行に出かけ、すべてがうまくいくことを願いながら、餌を与えないルールを一日延長しました。 しかし、ドワーフ・グーラミ(ベタに近い)のオスを逃がしてしまい、とても残念な思いをしました。

共同水槽を設置されている方は、餌を与えない期間を長くしないことがより重要です。 数匹の魚を飼育している水槽で、1匹が死んでしまうと、水がすぐに汚れてしまい、残った魚の危険度がどんどん上がってしまいます。 水槽の中で1匹でも死んでしまうと、他の魚が危険にさらされることになります。 また、

機器の故障(停電など)があった場合、毎日誰かがチェックすることで、重大な損失を避けることができます。

休暇に行く場合は、「休暇中のベタ魚ケア」の記事を読んで、より詳しい情報を入手しましょう。

*** また、魚種によって飢餓に対する反応は異なります。

Post Rating
(1 votes, average: 5.00 out of 5)

Loading…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。