21 Facts About Keith Haring

1. キース・ヘリングが初めてアートに触れたのは、漫画を描いていた父親が、息子に多くの技法を教えたことがきっかけでした。 しかし、ヘリングは当初、美術との相関関係を見出せず、初期の漫画について「私の中では、漫画と『アーティスト』であることの間には隔たりがあったのだが…」

2. ヘリングが最初に影響を受けた芸術家は、ドクター・スース、ウォルト・ディズニー、チャールズ・M. ヘリングには 3 人の姉妹がおり、ヘリングの 4 人の子供は全員、ファースト・イニシャルが K-Keith, Kay, Karen, Kristen です。

Photograph courtesy of Alen MacWeeney/Corbis via Getty Images
Keith Haring in his studio.

4. 常に他のアーティストやアートプログラムに興味を持ち、1976年にはヒッチハイクでアメリカを横断し、セルフガイドのアートツアーを敢行したヘリング。 そのため、このような「曖昧さ」は、「曖昧さ」そのものであり、「曖昧さ」そのものが「曖昧さ」であるとも言える。 いつ起こってもおかしくないし、いつかは起こる。 それに従って生きていれば、死は関係ないのです。”

Keith Haring

6. 1978年にPittsburgh Arts and Crafts Center(現Pittsburgh Center for the Arts)で初の個展を開催。 ピッツバーグにとってこれは出世作であることを理解した彼は、「…もうピッツバーグに満足するつもりはないし、そこで生活するつもりもない」と悟ったのである。 イースト・ヴィレッジにあるスクール・オブ・ビジュアル・アーツの奨学生となり、この賞が彼の移住を促進することになった。 2014年5月、サザビーズ・ニューヨークにて460万ドルで落札。

8. スクール・オブ・ビジュアル・アーツで学びながら、彼の象徴的なスタイルを形成する手助けとなる多くのアーティストと働き、親しむことができた。さらに、同校の教授であるキース・ソニエやジョセフ・コスースら一流のアーティストに学ぶことができた<1929><1094>9. ニューヨークのあちこちで見られるスプレー・ペイント・グラフィティは、ヘリングの初期のスタイル形成に大きな影響を与えた。 彼は、その独創性と自発性、そしてアーティストの「タグ」に含まれるカリグラフィーの特徴からインスピレーションを受けた。 私が地下鉄で絵を描くと、2時間後にはすべての作品がなくなっているのです。 それらは売りに出されるようになったのです。

Keith Haring

10. ニューヨークに移り住んだヘリングは、地下鉄の広告板の多くが空白のままになっていることに気づいた(ひとつの広告が撤去され、そのスペースは新しいポスターを待っている状態だった)。 1929>

Photograph courtesy of Laura Levine/Corbis via Getty Images
Keith Haring drawing on a subway platform in New York City, circ a 1985.

11. 主に白いチョークで描かれる「サブウェイ・ドローイング」の制作を始めると、彼の活動は多作となり、1980 年から 1985 年にかけて最終的に数百枚を完成させた。 ヘリングの「サブウェイ・ドローイング」は、信じられないほどユニークな方法で観客と関わることを可能にした。 人々からの驚くべきフィードバックがあったことは、私がこれほど長く活動を続けることができた主な要因の一つであり、私を見ている人々が参加し、あなたが想像できるあらゆる範囲の人々から来るコメントや質問、観察であった…」

13 と述べている。 ヘリングのキャリアが進むにつれ、彼は自分の作品を売って自活し、フルタイムで新しい作品の制作に専念したいと考えるようになった。 そして、トニー・シャフラジ・ギャラリーに参加することになる。 シャフラーツィ画廊での初の個展は、彼がアート界のメインストリームに正式に登場するきっかけとなった。この個展は批評的な成功を収め、何百人もの人々が来場し、多くのメディアの関心を集めた。

Keith Haring, Self-Portrait For Tony , 1985. 2016年11月、サザビーズ・ニューヨークにて460万ドルで落札。

15. 1980年代、ヘリングの名声と人気の高まりは、彼の仕事の仕方、特に “サブウェイ・ドローイング “に明確な影響を与えた。 匿名性が薄れるにつれ、彼は「……『サブウェイ・ドローイング』は裏目に出始めたんだ。 地下鉄で絵を描くと、2時間後には全部なくなってるんだ。 売りに出されるようになったんだ」

16. そのキャリアを通じて、彼は頻繁に破壊行為で逮捕されたり切符を切られたりしていた。 しかし、1980年代には、彼の名声が高まり、その反動は最小限に抑えられた。 たとえば、ハーレムでいまや象徴的な壁画「Crack is Wack」を完成させた直後に逮捕され、最大で1年の懲役刑に直面した。 しかし、この作品は一夜にしてセンセーションを巻き起こし、『ポスト』紙がヘリング逮捕の記事を掲載すると、地域社会やメディア、市は彼を擁護するようになったのです。 最終的に彼は100ドルの罰金で済んだ

17. ヘリングは1986年に有名なポップショップをオープンし、Tシャツ、おもちゃ、ポスターなど、自分の作品のイメージを使ったさまざまな商品を販売する小売店であった。 1986年にオープンしたポップ・ショップは、Tシャツ、玩具、ポスターなど様々な商品を販売する小売店で、ヘリングはそのきっかけについて、「私の作品はアート市場の中でより高価でより人気が出始めていたのです。 このような価格では、大きな美術品に手が届く人しか作品にアクセスできない。 1929>

Photograph courtesy of James Leynse/Corbis via Getty Images
The Crack is Wack playgroundはマンハッタンのアッパーハーレム、イーストハーレムに位置しています。 キース・ヘリングは、1986年に、反ドラッグのメッセージをコミュニティに送るために、今では有名な壁画「Crack Is Wack」を描いた

18. ヘリングの作品への大衆的な魅力とアクセスのしやすさは、しばしば芸術界のエリート、すなわち批評家や学芸員の間で、彼の芸術に対する批評的受容に悪影響を及ぼした。 彼はこれを、芸術界の「適切なチャンネル」(したがって、同じ批評家や学芸員)を本質的に回避し、観客や一般大衆に直接働きかけることができたという事実のせいとした

19. ヘリングは多くの慈善事業や慈善活動、特に子供たちに関わる活動に参加した。 彼は、世界中の子どもたちのために、学校内や美術館で、ドローイングのワークショップを頻繁に開催した。 1929>

Photograph courtesy of Bridgeman Images
ピサのサンタントニオ教会の壁画「Tuttomondo」で制作するキース・ヘリング。 1990年に亡くなる前年の1989年に完成し、ヘリングの最後の公の仕事となった。

20. ヘリングは 1988 年に AIDS と診断され、翌年キース・ヘリング財団を設立した。 この財団の重要な目的のひとつは、エイズの研究と慈善事業に資金を提供することであり、それは現在も続いている。 1980年代後半にはすでに多くの友人や同僚がこの病気で亡くなっていたため、自分の病状の影響を深く認識していたが、ヘリングは最後まで哲学的な人生観を持ち続け、「死という現実と向き合うことが苦にならない理由のひとつは、ある意味、それが限界ではないということだ」と語っている。 いつ起こってもおかしくないし、いつかは起こること。 それに従って生きていれば、死は関係ないのです」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。