CentOS7にDockerをインストールする

Docker は、オープンソースのコンテナ化システムです。 クラウド上でのアプリケーションの高密度なデプロイメントに広く使用されています。 ホストOSと同じカーネルを使用し、OSを仮想化します。 大きなイメージリポジトリを持ち、これを利用することで数分でコンテナを立ち上げることができます。 Dockerイメージリポジトリには、ほぼすべての種類のアプリケーションとオペレーティングシステムに対応した設定済みのDockerイメージが用意されています。 例えば、PHPのWebサーバを動かしたい場合を考えてみましょう。 Dockerイメージリポジトリで見つけることができ、ベースとなるオペレーティングシステムはUbuntu、Debian、CentOSのいずれかでしょう。 OSの違いによってPHP用のイメージは異なります。 今回は、CentOS 7にDockerをインストールする方法を紹介します。

Dockerのインストール

以下のコマンドの出力からわかるように、私はCentOS 7.4を使っています:

$ cat /etc/redhat-release

私が使用しているkernelのバージョンは3.です。以下のコマンドの出力からわかるように10.0です:

$ uname -r

CentOS7マシンにCentOS 7 extrasとDocker CEリポジトリを有効にするには、yum-config-managerが必要です。 yum-config-managerは、yum-utilsパッケージによって提供されます。

yum-utilsパッケージは、次のコマンドでインストールできます:

$ sudo yum install yum-utils -y

下のスクリーンショットからわかるように、私のマシンにはすでにyum-utilsパッケージがインストールされています。 持っていない場合は、それがインストールされます。

ここで、以下のコマンドでCentOS 7のextrasリポジトリを有効にします:

$ sudo yum-config-manager –enable extras

次に以下のコマンドを実行してextrasレポが有効になっているかどうかを確認しましょう。

$ sudo yum repolist

以下のスクリーンショットでマークされている部分からわかるように、extras repo は有効になっています。

Docker は device-mapper-persistent-data と lvm2 パッケージに依存しています。 これらのパッケージは、次のコマンドでインストールできます:

$ sudo yum install device-mapper-persistent-data lvm2

ここで「y」を押し、<Enter>で続行してください。

デバイス-マッパー-パースティスタント-データと lvm2 パッケージは、インストールされています。

ここで、Dockerの公式リポジトリをCentOS 7マシンに追加する必要があります。

以下のコマンドを実行して、yum-config-managerを使用してDockerリポジトリをCentOS 7に追加します:

$ sudo yum-config-manager –add-repo https://download.docker.com/linux/centos/docker-ce.repo

Dockerリポジトリが追加されているはずです。

これで Docker をインストールできます。

CentOS 7 マシンに Docker をインストールするには、次のコマンドを実行します。

「y」を押し、<Enter> で続行してください。

Yum パッケージマネージャーは、以下のスクリーンショットに示すように、Docker パッケージのダウンロードを開始します。 y」を押して、<Enter>を押して続行します。

以下のスクリーンショットのように、インストールが続行されます。

ここで、次のコマンドで Docker システム サービスを開始できます:

$ sudo systemctl start docker

Docker サービスもシステム スタートアップに追加する必要があります。 そうすれば、起動時に自動的に開始します。

$ sudo systemctl enable docker

以下のスクリーンショットからわかるように、Docker システムサービスがスタートアップに追加されています。

ここで、ユーザーを docker system グループに追加します。 これにより、sudo を使用せずにすべての Docker コマンドにアクセスできるようになります。

docker グループにユーザーを追加するには、次のコマンドを実行します:

$ sudo usermod -aG docker shovon

注: ここで shovon は私の CentOS 7 マシンのユーザーを指します。 あなたのユーザー名は違うはずです。

ここで、以下のコマンドでCentOS 7マシンを再起動します:

$ sudo reboot

起動したら、以下のコマンドでDockerが動作しているか確認します。

$ docker version

下のスクリーンショットからわかるように、私のCentOS 7マシンにインストールされているDockerのバージョンは17.です。12. 正常に動作しています。

Dockerの基本的な使い方

Docker のデフォルトの hello-world コンテナを実行して、動作しているかどうかをテストすることができます。

hello-world Docker コンテナを実行するには、次のコマンドを実行します:

$ docker run hello-world

hello-world コンテナイメージは、ローカルディスクで検索されます。 初めて、Docker はそれを見つけることができません。 そのため、Docker リポジトリからダウンロードされます。 イメージをダウンロードした後、Dockerはイメージからコンテナを作成し、以下のスクリーンショットからわかるようにそれを実行します。

次のコマンドで、利用可能な Docker コンテナを一覧できます:

$ docker image ls

システム上の Docker について必要な情報を調べるには、次のコマンドを実行できます。

$ docker info

このコマンドの出力からわかるように、Dockerのステータスが出力されています。 例えば、コンテナの数、実行中のコンテナの数、一時停止または停止中のコンテナの数、ダウンロードしたDockerイメージの数、設定したストレージドライバ、利用可能なディスクスペースなど、さまざまな情報が表示されます。 長い情報のリストです。

以上、CentOS 7にDockerをインストールし、使用する方法でした。 この記事を読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。