How Travis Kalanick Achieve Net Worth of $2.6 Billion

Technology has spearheaded some of greatest inventions especially in past 10 years. 最も緩やかで印象的な進歩は、通信の分野です。 スマートフォンは、今日の世界では不可欠なものとなっており、スマートフォンなしの生活を想像することは困難です。 電話をかける、写真を撮る、時間を計る、メモを取る、ソーシャルメディアで恋人と連絡を取るなど、さまざまな機能でスマホに依存しています。 この10年間、シリコンバレーのハイテク業界では、ビットコインのような暗号通貨や、ウーバーのようなライドヘイリングアプリなど、新しい発明も生まれました。 暗号通貨は、人々がオンラインで簡単にお金を移動させ、より安全な取引に従事することを可能にしました。 一方、Uberは、切望されていた迅速な移動手段を提供しました。 タクシーに乗るために外を歩く必要はなく、自宅でくつろぎながらタクシーを注文すれば、自宅や迎えの場所から目的地までオーダーメイドで乗せてもらえるようになったのです。 今や有名になったUberのアプリを作ったのは、他ならぬトラビス・カラニック氏である。 2020年現在、カラニック氏の推定純資産は約26億ドル(約2200億円)。 トラヴィス・カラニックは、1976年8月6日に、故ボニー・レニー・ホロウィッツ・カラニックとドナルド・エドワード・カラニックの間に生まれ、カリフォルニア州ノースリッジで育ちました。 カラニック氏の母親はユダヤ系で、LA Daily News紙の小売広告担当として働いていた。 祖父母が移民である父親のドナルドは、スロバキア系オーストリア人のカトリック教徒で、土木技師として働いていました。

Travis Kalanickはロサンゼルスのカリフォルニア大学でコンピュータ工学とビジネス経済を学びました。 UCLA在学中に、ファイル交換サービス「Scour」という最初のオンラインビジネスを立ち上げた。 1998年に大学を中退し、本格的にベンチャービジネスに取り組む。 ヴィンス・ブサム、マイケル・トッドと共にScourを運営したが、喜びも束の間、様々なエンターテイメント企業が著作権侵害を理由に2,500億円の訴訟を起こした。 この訴訟から逃れるために、2000年末に破産を申請した。 カラニックとトッドは、2001年に「レッドスウッシュ」という、ピアツーピアのオンラインファイル交換サービスも考案している。 この時期、インターネットは進化し、帯域幅を広げ始めていました。

Red Swoosh はこれを利用し、二人は Scour の元社員に助けられました。 レッドスウッシュは、カラニックのパートナーの両親や親戚からのエンジェル資金で運営されていました。 このとき、カラニックは両親と同居しなければならないほど破産し、国税庁に多額の借金を負うなど、多くの負債を抱えたことをブログで紹介している。 Red Swooshは2007年にAkamai Technologiesに1900万ドルで買収されました。 2009年、カラニックは再びUberというタクシーアプリを立ち上げることにした。 ギャレット・キャンプ(Garrett Camp)と共に、ブラックカー・サービスで個人ドライバーを雇うコストを減らそうとしたのだ。 カラニックは、Uberのアイデアは共同創業者であるギャレット・キャンプのものだと常に信じている。

では、トラヴィス・カラニックはどうやって億万長者になったのでしょうか?

スタートアップに対して起こされたさまざまな訴訟によってScourが失敗した後、カラニックはレッドスウッシュにリバウンドを見いだしたのです。 Red Swooshの経営と販売で得た資金が、彼を億万長者にしたといってもよいでしょう。 その収益の一部が、Uberを今日の姿に押し上げたのである。 Business Insiderによると、Uberの推定価値はおよそ760億ドル。 カラニック氏の資金の大半は、同社の株式保有によるものだ。 カラニック氏はウーバーの株の7%を保有している。

Uberの株式のうち14億ドルを日本のハイテク企業であるソフトバンクに売却した後、彼の流動資産は大きく増加した。 この動きは、彼を紙の上の億万長者から、現実の億万長者へと変化させました。 また、カラニックは不動産業にも進出し、シティ・ストレージ・システムズを買収し、デジタル時代に対応するために再利用することを望んでいる。 彼は、10100という投資ファンドを立ち上げ、自分をCEOにした。 Wikipediaによると、10100は不動産とEコマースで有望な企業に資金を提供することを目的としている。

Travis Kalanick’s expenditure and philanthropy

Kalanick は旅行が好きである。 レッドスウッシュを売却して初めて億万長者になったとき、1年間の休暇をとってフランスとハワイを2回、日本、アイスランド、ギリシャ、オーストラリア・グリーンランド、カーボベルデ、ポルトガル、セネガルなど、さまざまな都市を旅しています

2017年にUberをCEOとして退社した後、タヒチに旅行し7000万ドルの帆船でクルージングをしました。 この船はデザイナーのダイアン・フォン・ファステンバーグと有名なメディア界の大物バリー・ディラーが所有している。 この船には21人のクルーと最大16人のゲストを乗せることができる。 また、1999年製のBMW M3を所有しており、発売当時の価格は約45,000ドルと推定されています。最近の支出では、3640万ドルのマンハッタンのマンションを購入しています。 さらに、ブルーム・ソーホーにペントハウスを所有しており、こちらはまだ建設中である。 このペントハウスは、30階建ての豪華な建物です。 しかし、この億万長者に近い関係者によれば、カラニックは現在、慈善活動には目を向けておらず、彼のお金のほとんどは旅行や買い物、投資に使われるのが普通だそうです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。