In China is a delicacy – and may have caused Sars

Sars ウイルスが最初に中国で出現し、世界中に広がって以来、科学者たちを困らせている問題、それはどこから来たのか、ということである。

そして今、香港の研究者たちは、中国の一部の地域で料理の珍味として扱われている小さな猫のような哺乳類、マスクド・パーム・ハクビシンをその犯人として特定したのです。

サーズ・ウイルスを追い詰めるために招かれたウイルス学者たちは、サーズ・ウイルスが種を越えて人間に感染する前に、農園や家畜に留まっていたのではないかと常に疑っていました。

最も可能性の高い感染源はブタかニワトリだと考えられていましたが、感染したヒトから採取したサーズ・ウイルスで動物を感染させようと試みたところ失敗し、別の種から来たに違いないと示唆しました。

香港大学の微生物学者 Yuen Kwok-Yung と彼のチームは、大量のジャコウネコとその他の猟獣をスクリーニングすることに決定しました。 彼らは、短い毛皮と顔に黒と白の縞模様があるマスクド・パーム・ハクビシンのうち4匹が、サーズの原因となるコロナウイルスを持っていることを発見したのです。

Yuen 教授は、人がハクビシンを食べることによって感染したとは考えにくいと述べた。

ハクビシンは、広東省の裕福な中国人が大金を支払うエキゾチックな野生動物料理「龍虎鳳凰スープ」の主要材料の一つであり、スープは菊の花びらで味付けされ、ハクビシン猫と蛇の細切れを含んでいます。

現在、広州の観光案内所のウェブサイトでは、この「特別料理」を試食するよう観光客を招いている。

香港ではハクビシンの販売が禁止されているが、人々はハクビシンや他の外来動物を食べるために中国に渡っている。

香港のウイルス学者で、Sarsコロナウイルスを最初に特定したチームを率いるMalik Peiris教授は昨日、食べ物が適切に調理されている限り、ウイルスは死滅するはずだと述べた。

しかし、彼は、それは明らかに野生動物から排出され、誰かが生きている動物を扱っている間にそれに接触することができると言いました。

ユエン教授は、ハクビシンやその他の狩猟動物が人々を感染の危険にさらすことなく飼育・販売されるよう、厳格な管理を行うべきであると述べた。

「動物から人へのウイルスの飛び移りを制御できなければ、同じ流行が再び起こる可能性があります。ですから、これらの野生狩猟動物の飼育、屠殺、販売を制御する方法を持つことが非常に重要です」

ロンドンのクイーンメアリースクールオブメディスンのウイルス学専門家のジョンオックスフォード氏は、「これは良いステップです」と言いました。 「このような状況下において、私たちは、このウイルスを阻止するために、人間と猫との間に障壁を設けることを開始することができるのです。

ユエン教授と彼のチームは、ウイルスがハクビシンから人間に直接ジャンプしたと考えていますが、他の動物も感染に関与していたかもしれないと述べています。 「

サーズの流行は香港ではコントロールされてきていると考えられ、昨日、世界保健機関は香港と広東省への旅行に対する警告を取り下げた。 世界では4,212人が感染したままです。

Topics

  • World news
  • China
  • Sars

  • Share on Facebook
  • Share Twitterでシェア
  • メールでシェア
  • LinkedInでシェア

  • Pinterestでシェア
  • WhatsAppでシェア

  • メッセンジャーでシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。