Lulo(ルーロ)って何? Luloとは?

ヒルトン・ボゴタ・コルフェリアスのプレジデンシャル・スイートで行われた試食会に参加したとき、金柑とミカンを掛け合わせたような小さな新鮮な果物の一部が、黒い皿に置かれていた

Lulo? Lulo とは何でしょうか? これは何ですか?” 私はホテル施設のスタッフの一人に、この見慣れない果物を指差しながら尋ねた。

「その果物はルロといいます」と彼女は答えた。

「ルロ?」私の答えが肯定されると、2015年にナイロビで初めてツリートマトを知ったとき、サファリに行ってきた後にも、再び私の頭の中から疑問符が色分けされて飛び出してきた。 ルロという名前は聞いたことがなかった

興味津々で、試食に1つ持っていった。

ルロの試食

そして、試食してみました。 柑橘系の酸味と同時に、ほんのりとした甘みが舌に感じられました。 他の柑橘類と同様、皮は自然のままでは食べられない。

ルロとは何か、そしてどのように使えるのか

ヒルトンボゴタコルフェリアスのホテルで「カルタヘナスタイルのセビーチェ」として知られているこの料理は、エビ、イカ、バナナランド、ルロエア、ルロアイスクリームで構成されています。 Photograph ©2019 by Brian Cohen.

気になって、インターネットでluloという言葉を検索してみると、Wikipediaで見つけたこの記事によると、Solanum quitoenseのニックネームであることがわかりました。 しかし、ヒルトン・ボゴタ・コルフェリアスのホテル内にあるレストランOKAでは、この果実がさまざまな料理に使われています。

概要

Photograph ©2019 by Brian Cohen.

前述のツリートマトと同様、これまで全く注目しなかった、あるいは知らなかった果物の一つかもしれないが、いずれキウイフルーツのように人気が出る運命にあるとしてもおかしくはないだろう。

エクアドルやパナマで知られているルロ、またはナランヒージャを食べたことがありますか? もしあれば、それについてどう思われますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。