Ray Kroc

‘The two most important requirements for major success is: first, being in right place at right time, and second, doing something about it’ said Ray Kroc, a American entrepreneur who expanded McDonalds from a local fast food to world famous multi-million dollar business. 7468>

Kroc は1902年10月5日、オークパークで生まれました。 15歳で第一次世界大戦に参加し、赤十字救急車の運転手となる。 戦後は紙コップのセールスマン、ジャズ・ミュージシャン、ピアニスト、ラジオDJ、バンドメンバーなど、さまざまな仕事に挑戦した。 紙コップの販売をしている時に、マルチミキサーを発明したアール・プリンスと出会った。 プリンス氏は、この機械に目をつけ、独占販売権を獲得した。 しかし、50歳になるころには、売り上げが落ち始めた。 人々が郊外へ出て行くにつれて、ソーダファウンテンが閉鎖され始めたのです。

ある小さなレストランから8台のマシンの注文を受けたクロックは、非常に興味を持ち、カリフォルニアに行き、自分の目で確かめてみることにした。 それがマクドナルドで、2人の兄弟が経営する小さなハンバーガーショップだった。 そして、適切なタイミングで適切な場所に行き、何かをしたのである。 当時、他のどの飲食店とも違うこのレストランに、クロックはとても興味をそそられた。 そして、このレストランを全米にフランチャイズ展開することで、どれだけの経済効果が得られるかを計算した。 そして、このレストランを全米にフランチャイズ展開した場合の資金繰りを計算し、兄弟に提案したが、彼らは興味を示さなかった。 そこで、ハリー・ソネンボーン(Harry Sonnenborne)に資金面を援助してもらうことにした。 そして、1955年にマクドナルドの社長に就任し、兄弟から会社全体を買い取った。

クロックは厳格な規則を守り、オペレーションを標準化し、どの店でも同じ味が出せるようなレストランを開発した。 パティに大豆のフィラーを使うなど、コストダウンの手法は許さなかった。 また、正確な方針とガイドラインを記したマニュアルを作成した。 これらの施策により、マクドナルドの全店舗で高いサービス水準と一貫性を確保することができた。 また、マーケティング手法により、売上を大幅に向上させた。 1970年代には、マクドナルドはアメリカ最大のフードサプライヤーとなり、その後20年間、その地位を維持した。 1日に5,000万人以上のお客さまをお迎えし、50万人以上の従業員を抱える世界で最も成功した企業の一つを率いることができたのは、クロコの起業家精神によるものである。 クロックは「ハンバーガーの王様」としても知られ、ファーストフード業界で最も有名な企業の一つを作り上げたパイオニアです。

クロックは、成功を目指せる意欲と並外れたスキルを持った起業家の真の例です。 クロックは学校を中退しているが、そのことが彼を止めることはなかった。 1978年に脳卒中で倒れ、その後、リハビリ施設に入所した。 1984年1月14日、レイ・クロックは心不全のため亡くなったが、彼の伝説は生き続けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。