The Mayflower: the Flower Behind the Name

X

Privacy & Cookies

このサイトではクッキーを使用しております。 続行することで、その使用に同意したことになります。

Got It!

広告
メイフラワー号のイラスト

私はカナダ人ですが、ピルグリムの話や彼らが1620年にメイフラワー号という船で大西洋横断し、新世界で初めて英語を話すコロニー、プリマス植民地を成功裏に作った話で育っています。

歴史の授業で習ったのか、テレビで見たのかわかりませんが、一般的にカナダ人はアメリカ人がカナダの歴史を理解するよりも、アメリカの歴史を理解しているようです。 だから、彼らの船、メイフラワー号の名前にまつわる物語を知りたかったんです。

The Flower Behind the Name

The lily of the valley, still known as mayflower in many areas, inspired the name of the ship the Mayflower.

1600年代に英国がメイフラワーと呼んでいた植物が、実は今日多くの園芸家がよく知る別の名前、すずらん (Convallaria majalis) であり、その名前は、この植物に由来しています。 北欧から中欧にかけて広く分布するこの植物は、通常5月上旬に開花し、コンバラリアが「谷の」、マジャリスが「5月の」という意味で、この植物名の一端を担っている。

北アメリカのメイフラワー(Epigaea repens)は、ヨーロッパの名前とは似ても似つかぬ姿をしている。 写真 写真:Rob Routledge, Sault College, bugwood.org

因みに、北アメリカ東部にはメイフラワーやトレイリングアーブツスという植物も自生しているそうです。 Epigaea repensは匍匐性の森林植物で、上向きに白から淡いピンクの花を咲かせますが、現在のスズランのような釣鐘型の白い花とは似ても似つかないものです。 しかし、この花は後世になってメイフラワーと名付けられた。おそらく、入植者が故郷の春を象徴する花、マジャリスに郷愁を覚えたのであろう。 そしてE. repensは5月に咲く…まあ、少なくともその広大な領域の一部では。

古代において

春のシンボルとしてのスズラン、あるいはメイフラワーやコンヴァラリア・マジャリスなど、好きな呼び方をするという伝統は、巡礼よりずっと前にあった。

例えば北欧では、女神はスズランと関連付けられており、その花はケルト人、ピクト人、ゲルマン民族の春の儀式でメイポールに付けられたものでした。

女神フローラの像

ローマ人の間では、スズランは花の女神フローラのシンボルで、5月初めに行われる春の祭り「フローラル」で祝われた。

しかし、キリスト教の到来とともに、異教徒の花とされたスズランは、基本的に使われなくなり、ただの春の花とみなされるようになった…つまり、16世紀のフランスまで、である。

A Tradition Reborn

Charles IX of France

伝説によると、メイフラワー/スズランの伝統を更新したのはフランスのチャールズ9世であったと言われています。 彼は、「ミュゲ」(麝香の香りのする古フランス語から)として知られる美しい森の野草の美しく美味しい香りに魅了され、1561年5月1日に宮廷の女性たちにスズランの花のノーズゲイ(小さなブーケ)を贈ると、すぐに大評判となったのです。 その結果に満足した彼は、「毎年そうしよう」と宣言し、実際にそうなった。 やがて、この習慣はフランス全土に広まった。

やがて、メーデー(5月1日)に女性はスズランの花瓶を持ち、男性は襟に小枝をつける習慣となった。 当時は迷信が蔓延しており、5月1日にすずらんの花をつけると健康と幸福がもたらされると信じられていたのです。

Into the Twentieth Century

Félix Mayor、いつものように襟にスズランを挿している。 写真はイメージです。 Alchetron.org

しかし、多くの伝統と同様に、「ミュゲ・ド・マイ」の着用は1800年代後半には消え始めていました。しかし、フランスの歌手でありエンターテイナーであるフェリックス・マイヨールが1895年5月1日に初めてパリに到着し、パリの友人ジェニー・クックからすずらんをブーケとして受け取り、突然復活を遂げました。 この贈り物に魅了された彼は、その夜、パリでの最初のショーのオープニングで、ボタンホールにスズランの小枝をつけました。 このショーは大成功を収め、彼は一躍大スターとなった。 彼はいつもスズランが幸運を運んでくると感じていたので、それは彼の個人的な紋章となり、彼はいつも人前でそれを身につけ、すぐに他の人が真似をするようになった。

フランスのファッションデザイナーもこの傾向を取り入れ、5月1日に顧客や女性従業員にスズランの花束を贈るようになった。 実際、今でもそうしている。

もちろん、フランスでは5月1日は労働者の日(Fête du Travail)でもあり、必然的にこの2つは合併し、第二次世界大戦中に公式にそうなりました。 今日、フランスとベルギーでは5月1日は祝日で、la Fête du Travailと同様にla Fête du muguet(スズランの日)と呼ばれることが多い。

May Day in France Today

パリの木陰にスズランの花売り。

5月1日にヨーロッパのフランス語圏の都市を訪れると、いたるところで「メイフラワー」の小枝や花束、鉢を売る人たちを目にすることができます。 フランス革命の頃の法律で、5月1日に公共の場でスズランを売ることは、自然から収穫されたものであれば税金がかからないため、公式に認められています。 つまり、スズランの花束さえあれば、誰でも一日花売りになれる…ということで、多くの人が運試しをしています。

フランスとベルギーでは、メーデー用のスズランを作ることが大きなビジネスになっていて、不作になると値段が高騰するそうです。 数年前、ブリュッセルで、たった2本の小さなスズランの花束が13ユーロ(約13米ドル)で売られているのを見ました。

うまくいくと、フランスでは毎年5月1日に約6000万本のスズランの小枝、花束、鉢が売られていますが、野生株から収穫されるのはその10%にすぎません。 北米では、スズランの日という伝統はありません。

まず、カナダとアメリカでは、労働者の日は、スズランの花が見つからない9月初旬に祝われます(彼らは厳密に春咲きです)。 両国の一部の地域では、ヨーロッパの古いメーデーの伝統を受け継いでいますが、そのほとんどはメイポールの周りで踊ったり、モリスダンスをしたりするものです。 北米のほとんどの地域では、スズランは5月1日に咲くのではなく、5月後半、あるいは6月に咲くのです。

Lily of the valleyは広く広がり、制御が難しい。 写真 Pasqdnik, Wikimedia Commons

また、北アメリカの園芸家はスズランを少し警戒する傾向があります。 グランドカバーとして十分に美しく、花も魅力的なのですが、侵食性が強く、コントロールするのが非常に難しいのです。 スズランは有毒な植物で、園芸植物のなかでも有毒なもののひとつです。

では、ヨーロッパの読者にメーデー、レイバーデー、フェット・デュ・ミュゲのお祝いをし、私は庭から#$*@*&#$を追い出すことに戻ります。

おや、メイフラワーについてこんなにたくさん話すことがあるなんて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。