Windows 7 および Windows サーバーのリモート サーバー管理ツール

はじめに

Windows 管理者として、私たちはサーバー インフラの管理に管理ツールに依存しがちです。 システム管理者として働いている場合、毎日の作業で多くのログインが必要となり、新しいサーバーの展開、DNS レコードの構成、ローカル PC からの Active Directory およびグループ ポリシーの管理などで忙しいと、時々イライラすることがあります。 PCでは、クライアントOS(XP、Vista、7を問わず)が一連の管理ツール(RSAT)を提供していますが、これらはすべて、デスクトップシステムの管理を支援するためのものです。 システム、システムの役割、またはSystem Center Operations Manager(SCOM)のような集中型コンソールソリューションの管理を容易にするために、MicrosoftはPCまたはラップトップからツールを実行するのに役立つ多くのツールを提供しています。

Windows Server を管理するには、基本 OS と同様に、サーバーにインストールされた役割や機能を管理するためのツールが必要です。 リモートでサービスを管理するためにツールを使用することは、Windows を何年も使用している人にとっては目新しいことではありません。 システム管理者は、問題に即座に対応する必要があるため、ラップトップで無線接続に飛びつき、インターネットに接続し、VPN(仮想プライベートネットワーク)を使用して、接続を暗号化し、そのサーバーがネットワーク上のどこにあっても、接続して管理することはよくあることです。

Windows Server 2003 と Windows XP では、「管理パック」とリソース キット ツールにより管理ツール ツールセットが拡張され、デスクトップからサーバーを管理できるようになりました。 このツールセットに慣れている人なら、ダウンロードしたリモート サーバー管理ツールにすぐになじめるでしょう。 同じツールのほとんどは、現在提供されているものに進化しています。 Windows 7の正規のコピーを持っている限り、Microsoftダウンロードで’Remote Server Administration tool’を検索すれば、無料で手に入れることができる。 注意点としては、Windows 7のすべてのバージョンがこのツールセットで動作するわけではないことです。 リモートサーバー管理ツールは、Windows 7のEnterprise、Professional、Ultimateの各エディションで使用することができます。

Windows 7 (または Windows Vista (SP 1) から進化したもの) を初めて使用する場合、いくつかの注意点があります。 まず、このツールセットは Windows 2008 および 2008 R2 で機能します。Windows Server 2003 では、ツールセットを使用することはできますが、できることが制限されます。 また、これらのツールをWindows Coreインストールで使用する場合と、通常のインストールで使用する場合の違いもあります。

この記事では、Windows Server 2003、2008、2008 R2 などの Windows サーバーを管理するために Windows 7 で使用されるリモート サーバー管理ツールについて見ていきます。 ツールを見つけ、ダウンロードし、インストールし、Windows 7 で有効にし、使用するように設定する方法について説明します。

ダウンロードとインストール

リモートサーバー管理ツールを使用するには、まずシステムを準備し、ツールをダウンロードし、使用するためにインストールと設定を行わなければなりません。

1. 準備

まず、Windows 7には複数のエディションがあり、ソフトウェアをインストールするために正しいものを実行しているかどうかを確認する必要があります。 Windows 7 Enterprise、Professional、Ultimate を使用することができます。 どのバージョンを使用しているかわからない場合は、すぐに調べることができます。 正しいバージョンを使用しているかどうかを表示するには、「スタート」ボタンをクリックし、「スタート」メニューの「コンピューター」リンクをクリックします。 次に、「システムのプロパティ」リンクをクリックします。 これにより、現在使用しているバージョンなど、Windows 7について知っておく必要がある基本的な情報が表示されます。 図1は、その場所を示しています。ここでは、Windows 7 Professionalを使用しています。


Figure 1: Viewing Basic Information about your Computer

ほとんどの Windows デスクトップ オペレーティング システムと同様に、システムにソフトウェアをインストールするには、システムのローカル管理者である必要があります。 そのマシンがActive Directoryで構成され、グループが正しく構成されている場合、ドメイン管理者もマシンにソフトウェアをインストールすることができます。

リモートサーバー管理ツールは、あなたのツールセットを大幅に拡張します。


Figure 2: Administrative Tools prior to install of the Remote Server Administration Tools

正しいバージョンを持っていてマシンを構成することが許可されていることがわかったら、インターネット上のMicrosoftにアクセスしてソフトウェアをダウンロードします。 Microsoftのダウンロードサイトにアクセスし、「Remote Administration Tools for Windows 7」を検索します。 また、ここをクリックすることもできます。

ツールに関するダウンロード ページの情報に目を通したら、x86 または x64 バージョンをダウンロードする必要があるかどうかなど、その他の Windows 7 システム要件に注意する必要があります。 x86またはx64ハードウェアアーキテクチャを使用している場合、リモートサーバー管理ツールをダウンロードする前に、これを考慮するようにしてください。

ダウンロードが完了したら、ツールをインストールし、使用できるように設定する準備が整いました。

2. インストール

管理者権限がある場合は、インストールの準備が整いました。 リモートサーバー管理ツール for Windows 7のインストールは簡単です。 ダウンロードしたMicrosoft Update Standaloneパッケージ(*.msuファイル)を実行するか、ローカルマシンまたは他の接続ドライブのどこかに配置するか選択できます。

インストールするには、プログラムを実行します。 ダウンロードしたパッケージをダブルクリックで開きます。 リモートサーバー管理ツール for Windows 7のセットアップウィザードが開始されます。 使用許諾条件と限定保証に同意して、インストールを開始します。 インストールする場所を選択し、ウィザードを完了します。 インストールが完了したら、Windows 7を設定し、使用できるようにします。

次に、ツールを使用できるように、Windowsの機能を設定する必要があります。 これを行うには、コントロール パネルにある Windows の機能で設定することにより、ツールの使用を許可する必要があります。 Windowsの機能を設定するには、スタートボタンをクリックし、「コントロールパネル」リンクを選択します。 プログラムと機能」をクリックし、「Windowsの機能を必要に応じてオンまたはオフにする」を選択します。 ユーザーアカウント制御(UAC)ダイアログが表示された場合は、クリックして続行し、ローカルファイアウォールをロックダウンしている場合は、ツールが機能しないようにブロックしていないことを確認します。 Windowsの機能]ダイアログで、[リモートサーバー管理ツール]を参照し、図3に示すようにサブフォルダを展開します


Figure 3: Configuring Windows Features

使用するツールを選択したら、[OK]をクリックします。 これで、ツールを使用することができます。 スタート]ボタンをクリックしても[スタート]メニューに表示されない場合、[スタート]メニューのプロパティで設定することができます。 アクセスするには、[スタート]ボタンを右クリックし、メニュー・オプションから[プロパティ]を選択します。 ここで、ツールセットが「すべてのプログラム」メニューに表示されるように設定し、「OK」をクリックします。 図4は、Windows 7で拡張されたツールセットです。


Figure 4: Administrative Tools expanded with Remote Server Administration Tools

ご覧のとおり、ツールセットは必要に応じて拡張されます。 アイテムを削除する必要がある場合は、Windows の機能に戻り、そこで許可またはブロックします。 これで、Windows 7 ワークステーションからサーバーを便利に管理できるようになりました。

Windows 7からリモートサーバー管理ツールを削除する必要がある場合、コントロールパネルに移動し、プログラムと機能からプログラムのアンインストールをクリックします。 次に、「インストールされた更新プログラムの表示」をクリックし、「Update for Microsoft Windows (958830)」を削除します。 これを行うには、更新プログラムを選択し、右クリックして、[アンインストール]をクリックします。

サーバーを管理する

サーバーを管理するには、まず、インストールした機能に自分の役割を合わせる必要があります。 たとえば、DHCPサーバーを管理する場合、リモートサーバー管理ツールでその機能を有効にしておく必要があります。 正しく設定されると、権限のあるすべてのサーバーで、ロール(DHCPサーバーやADなど)と機能(WINSサーバーなど)を管理できるようになります。 図5は、DHCPロールコンソールを示しており、DHCPアイコンを右クリックし、ホスト名またはIPアドレスでそれを実行しているサーバーに接続することができます。


図 5: デスクトップからの DHCP サーバーの管理

また、サーバーに接続して管理し、トラブルシューティングを行うことができます。 ログは有用であり、単にイベント ビューアを起動して、同じ手順を実行します。 イベントビューアのアイコンを右クリックし、ログを表示するサーバーに接続します。 図6は、Windowsサーバーの問題解決に役立つイベントビューアーを示しています。


Figure 6: Connecting to a Remote Server via the Event Viewer

環境内の役割と機能に対応するツールをすべて調べて使用します。 仮想化技術を使用している場合、Hyper-V 環境から仮想マシン (または VM) を管理したり、Active Directory やグループ ポリシーなどを管理したりすることができます。 ツールに目を通し、使い方に慣れてください。 また、ツールのヘルプファイルを使用して、その使用方法についてさらに詳しく知ることができます。

概要

この記事では、Windows 7 でのリモート サーバー管理ツールの使用について見てきました。 Windows 管理者は、サーバー インフラストラクチャを管理するために管理ツールに依存する傾向があるため、これらのツールはその作業を支援するものです。 Windows 7用のリモートサーバー管理ツールを使用すると、Windows Server 2003、2008、または2008 R2を使用しているかどうかにかかわらず、サーバー、ロール、機能などを迅速かつ容易に管理および保守することができます。 ここでは、ツールのダウンロード、インストール、Windows 7で使用するための設定方法、およびサーバーファームへの接続と管理方法について調べました。 詳しくは、「お役立ち情報とリンク集」をご覧いただき、マイクロソフトの公式ドキュメントをお読みください。

このセクションでは、リモート サーバー管理ツールの詳細、ツールの場所やダウンロード方法、サポート記事について説明します。 また、Windows システムをリモートで管理するために調べることができる他のツールもここに含まれています。

  1. Remote Server Administration Toolsのダウンロード。 ここで、ダウンロードできます: amd64fre_GRMRSATX_MSU.msu または x86fre_GRMRSAT_MSU.msu
  2. TechNet Article: リモート サーバー管理ツール for Windows 7
  3. KB 記事 958830。 Remote Server Administration Tools for Windows 7 のインストール手順
  4. System Center Operations Manager (SCOM) の情報
  5. Windows リモート管理サービス (RMS) の使用
    Windows リモート管理は、サーバー ハードウェアをローカルおよびリモートで管理する Windows ハードウェア管理機能の 1 つのコンポーネントです。 こちらとこちらで確認してください。

  6. Remote Desktop Protocol (RDP) クライアント / Remote Desktop Services (RDS)
  7. Server Core および Server Core Remote Management
  8. Server Core インストール オプション スタートアップ ガイド
  9. Windows Server 2008 R2 における Remote Desktop Services
  10. Server Manager によるリモート管理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。